読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trac,Subversionのインストール。

備忘録 Trac Subversion

備忘録。

Trac日本語化とSubversionのインストール、設定。

Tracの日本語化についてはインタアクト株式会社さんに感謝。

環境

  • Fedora10
  • Python2.5.1

Subversion

yumコマンドでmod_dav_svn, subversionのインストール。


yum install -y mod_dav_svn subversion

ディレクトリの作成。


mkdir /var/www/svn/
cd /var/www/svn/

svnadminコマンドでプロジェクトを作成。


svnadmin create <プロジェクトのディレクトリ名>
chown -R apache:apache <プロジェクトのディレクトリ名>

Basic認証のパスワードを設定。


mkdir /var/www/passwd/
htpasswd -cm /var/www/passwd/<パスワードファイル名> <ユーザー名1>
htpasswd -m /var/www/passwd/<パスワードファイル名> <ユーザー名2>

/etc/httpd/conf.d/subversion.confに下記を追加。


>
DAV svn
SVNPath /var/www/svn/<プロジェクトのディレクトリ名>
AuthType Basic
AuthName "subversion"
AuthUserFile /var/www/passwd/<パスワードファイル名>
Require valid-user


これで、apacheを再起動すればOK.

Trac

yumコマンドで既存のtracをアンインストール。


# yum remove trac

Tracに必要なモジュールをインストール


wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
python ez_setup.py

インタアクト株式会社さんが日本語化したTracのインストール。


wget wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0....
unzip Trac-0.11.4.ja1.zip
cd Trac-0.11.4.ja1
python ./setup.py install

tracのディレクトリを作成。


mkidr /var/www/trac

trac-adminコマンドでプロジェクトを作成。


trac-admin /var/www/trac/ initenv

Project Name [My Project]>  <プロジェクト名>
Database connection string [sqlite:db/trac.db]> <そのままEnterキー>
Repository type [svn]> <そのままEnterキー>
Path to repository [/path/to/repos]>
Templates directory [/usr/share/trac/templates]> <そのままEnterキー>

chown -R apache:apache /var/www/trac/CRMPy

/var/www/trac/<適宜。例:root>/conf/trac.iniを修正。

修正前:


default_charset = iso-8859-15

修正後:

default_charset = utf-8

/etc/httpd/conf.d/trac.confを修正。

修正前:



#SetEnv TRAC_ENV /srv/trac



SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
#PythonOption TracEnv /srv/trac


修正後:


#
#SetEnv TRAC_ENV /srv/trac
#
#
#
# SetHandler mod_python
# PythonHandler trac.web.modpython_frontend
# #PythonOption TracEnv /srv/trac
#
#

追加



DocumentRoot /var/www/trac/<プロジェクト名>

>
SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracEnv /var/www/trac/<プロジェクト名>
PythonOption TracUriRoot /<プロジェクト名>

/login>
AuthType Basic
AuthName "trac"
AuthUserFile /var/www/passwd/<パスワードファイル名>


これでapacheを再起動。

余談

今回SubversionTracを導入した理由は、

  • 複数人で開発するため、バージョン管理は必須。
  • ロードマップとチケットを欲したため。&ファイルの修正履歴を綺麗なdiffで観れるから。

です。


そりゃ必要だわ。