読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google App Engineの環境設定。

備忘録 Python GAE PyDev

EclipseプラグインのPyDevで、GAE/Pyの開発環境を構築する。

環境

  • Mac OS 10.5.8
  • jre1.5.0_20
  • python2.5.4
  • GoogleAppEngineLaunchar1.2.7
  • Eclipse3.5.1
  • PyDev1.4.6

はじめに

そもそも、Mac OS 10.5にはjre1.5系とpython2.5系がインストールされてるのでOK。

EclipseとPyDevは別の件で構築済み。

GoogleAppEngineLauncharも以前試しに使ってみたのでインストール済み。

Eclipseでのプロジェクト立ち上げ、ライブラリとの関連付け。

プロジェクトの立ち上げ。

Eclipseで、

File => New => Other => Pydev => Pydev Google App Engine Project

からGAEプロジェクトを立ち上げる。

Google App Engine Directoryを聞かれるので、答える。自分の環境だと下記のパス。

/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine

ライブラリとの関連付け。

作成したプロジェクトを試験用のサーバーで動かせるようにするGoogleAppEngineへのパスを通す。

作成したプロジェクトの

Properties => PyDev - PYTHONPATH => External Libraries => Add source folder

から下記4つのパスをそれぞれ追加する。

/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine
/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/lib/django
/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/lib/webob
/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/lib/yaml

試しに試験用サーバーで動かしてみる。

Pydev Google App Engine Projectでプロジェクトを作成したなら、<プロジェクト名>/srcにサンプルソースが作成されているはずなので、

作成したプロジェクトの、

Run As => Run Configuration

において、

Main => Main Moduleに下記を追加

/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/dev_appserver.py

Arguments => Program argumentsに下記を追加。

${project_loc}/src --port=8080

そして、Run。http://localhost:8080/にアクセスすると表示されるはず。

さて、

Google App Engineのドキュメントを読み込むかな。

ところでなのですが、Pythonに関して中級者向けの書籍ってないのかな..??オライリーのはじめてのPythonの次に読む書籍が見当たらない。

オンラインドキュメントが充実してるから不要なのだろうか?


今度他のエンジニアに聞いてみる。