読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[VirtualBox][備忘録]Fedora12の開発環境を整える。

Shibuya.trac温泉なう。

開発環境であるVirtualBox上のFedora10がついに容量Maxに到達。なんということだ。

ということで先週リリースされたFedora12で環境構築。

環境

仮想化アプリケーション:VirtualBox
ホストOS:Mac OS 10.5
ゲストOS:Fedora12

VirtualBoxのGuest Additionsをインストールする。

  1. ホストOSのVirtualBoxウィンドウ=>「デバイス」=>「Guest Additionsのインストール」を選択。
  2. ゲストOSのターミナル上で下記を実行。
/media/VBOXADDITIONS_3.0.12_54655/VBoxLinuxAdditions-x86.run

SELinuxを無効化する。

ひとまず急いでるしSElinux切っちゃえ。

setenforce 0
/etc/sysconfig/selinuxを編集

編集前

SElinux=enforcing

編集後

SElinux=disabled

iptablesの停止

えーい。ファイアーウォールも停止してしまえ!

/etc/init.d/iptables stop

自動起動もひとまず停止。

chkconfig iptables off

Emacsのインストール

Emacsがないと半泣きになるので。

yum -y install emacs

Subversionのインストール

TracといったらSubversionだよね。ということで。そういえばGitの設定方法知らないから今度調べる。

yum -y install mod_dav_svn subversion
Subversionリポジトリの作成
mkdir /var/www/svn/
cd /var/www/svn/

svnadmin create <リポジトリ名>
chown -R apache:apache <リポジトリ名>

setuptoolsのインストール

Tracのインストールに必要。

cd /usr/local/src/
wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
python ez_setup.py

Tracのインストール

インタアクト株式会社さんが配布しているTracの日本語翻訳版を使う。

cd /usr/local/src/
wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.11.5.ja1.zip
unzip Trac-0.11.5.ja1.zip
cd Trac-0.11.5.ja1
python setup.py install
Tracプロジェクトの作成
mkdir /var/www/trac

trac-admin /var/www/trac/<プロジェクト名> initenv

Project Name [My Project]>  <プロジェクト名>
Database connection string [sqlite:db/trac.db]> そのままエンター
Repository type [svn]> そのままエンター
Path to repository [/path/to/repos]> <Subversionのリポジトリ>
Templates directory [/usr/share/trac/templates]> そのままエンター

chown -R apache:apache /var/www/trac/<プロジェクト名>

Tracの設定

/var/www/trac/<プロジェクト名>/conf/trac.ini
default_charset = cp932

を下記に変更

default_charset = utf-8

Apacheの設定。

細かい設定は帰ってから(ry
ひとまず開発環境構築のため!

chkconfig httpd on
htpasswd

何かと使うので作成しとく。

htpasswd -cm <htpasswdファイルのパス> <ユーザー名>
Tracの設定

/etc/httpd/cond.d/trac.confを編集。

<location /<tracプロジェクト名>>
    SetHandler mod_python
    PythonHandler trac.web.modpython_frontend
    PythonOption TracEnv <tracプロジェクトのパス>
    PythonOption TracUriRoot /<tracプロジェクトのルートパス名>
</location>
<location /<tracプロジェクト名>/login>
    AuthType Basic
    AuthName "trac"
    AuthUserFile <htpasswdファイルパス>
    Require valid-user
</location>
Subversionの設定

/etc/httpd/cond.d/subversion.confを編集。

<Location /<アクセスパス>>
    DAV svn
    SVNPath <リポジトリパス>
    AuthType Basic
    AuthName "<リポジトリ名称>"
    AuthUserFile <htpasswdファイルパス>
    Require valid-user
</Location>

ホストOSからゲストOSへHTTP,SSH接続する。

ホストOSのターミナルで下記を実行。「Fedora12」はゲストOSのVirtualBox名。

ssh
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/Protocol" TCP
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/GuestPort" 22
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/HostPort" 60022

試しに接続

ssh -p 60022 -l <ホストOSユーザ名> localhost
http
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/Protocol" TCP
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/GuestPort" 80
VBoxManage setextradata "Fedora12" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/HostPort" 60080

ホストOSの領域をゲストOSがマウントする

ホストOS側設定。

VirtualBoxの設定。

  1. VirtualBoxの「ウィンドウ」>「デバイス」>「共有フォルダ」を選択。
  2. 「共有フォルダ」ウィンドウが立ち上がるので、「新規共有フォルダを追加」を選択。
  3. 「共有フォルダの追加」ウィンドウが立ち上がるので、ホストOSの「フォルダのパス」、任意の「フォルダ名」をそれぞれ入力、選択。
  4. チェックボックス「永続化する」にチェックを入れ、「OK」を選択。
ゲストOS側設定。

マウント

mkidr <マウント先のパス>
mount -t vboxsf <マウントするフォルダ名> <マウント先のパス>
ゲストOS再起動時のマウント設定。

/etc/rc.localを編集

mount -t vboxsf <マウントするフォルダ名> <マウント先のパス>