読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PythonでPitを使ってみる

備忘録

Pitがいいよって言われたので使ってみる。

Pitのインストール

sudo easy_install pit

PitをPythonインタプリタから実行

from pit import Pit
foo = Pit.get('foo', {'require':{'bar':'bar-value','baz':'baz-value'}})

上記を実行すると、環境変数に設定されたエディタde開かれる。

環境変数EDITORが設定されてない場合は設定する。

./bash_profileへ環境変数EDITORの設定

環境変数EDITORをbashに設定するとこんな感じ。

export EDITOR="emacs"
#export EDITOR="vi

PitをPythonインタプリタから実行される。~/.pitディレクトリが作成される。

あとでデータを弄りたいときは、YAML形式の

~/.pit/default.yaml

を修正すればよい。

Pythonから呼び出してみる。

from pit import Pit
foo = Pit.get('foo')
print foo['bar']
print foo['baz']

結構使い易い。