読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacsテクニックバイブル 作業効率をカイゼンする200の技

技術評論社様より献本いただきました。ありがとうございます。

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

Emacsとの出会い

Emacsとの出会いする前に、Emacsより以前に何を使っていたのかを端的に紹介します。

業界に入りたての頃、当初触っていた言語がJavaということもあり、Eclipseを使っていました。JavaするにはEclipseが王道ですよね。Eclispseかわいいよ。Eclipse
2006年頃で、J2SE1.4の時代だったかと思います。


ちなみにviはウェブ系のお仕事になり、Linuxサーバを触る必要に迫られて触りました。なので、できることは文字列検索や編集程度です。


その後、JavaScriptの大規模プロジェクトでVisualStudioEclipseの拡張プラグインのAptanaを使用していました。
(余談ですがIE向けのJavaScriptを書くのだったらVisualStuido最強。デバッカとか素晴らしすぎる。)
プロジェクトで出会ったCommonLisperのお師さんから、xyzzyの存在を教わりました。


このあたりから、Linuxサーバを自宅でいじり始めて、Emacsを触るようになったかと記憶しています。
併せて、Scheme処理系の一つであるGaucheを触り始めた事も、強い動機付けの一つです。


ということで、Emacs歴5年目です。だいぶ慣れました。
自己流で覚えたが故、ペアプロすると"私の知ってるEmacsの使い方と違う!"と衝撃を受けます:-)

Emacsテクニックバイブル 作業効率をカイゼンする200の技』について

TODO:あとで書く。ごめんなさい。書きかけで:-(