読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Python実装としてのPyPyをインストールする。

通常使うPython実装としてPyPyを使っています。
ちょうど、PyPy1.6がリリースされたので入れなおしました。

環境

PyPyのインストール

PyPyのインストールは簡単で、公式の"Download and install"からダウンロードし配置するだけです。

$ curl -O http://cdn.bitbucket.org/pypy/pypy/downloads/pypy-1.6-osx64.tar.bz2
$ tar -zxf pypy-1.6-osx64.tar.bz2
$ pypy-1.6/bin/pypy
Python 2.7.1 (dcae7aed462b, Aug 17 2011, 09:46:15)
[PyPy 1.6.0 with GCC 4.0.1] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
And now for something completely different: ``nothing is true''
>>>> 

easy_installのインストール

当然、easy_installもインストールして使えます。

$ curl -O http://python-distribute.org/distribute_setup.py
$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/pypy distribute_setup.py
$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/easy_install --version
distribute 0.6.21

ちなみに全く別の話になってしまいますが、easy_installにはsetuptoolsとdistributeの二種類があります。
知人のブログに詳細は譲りますが、distributeを利用しましょう

理由は、setuptoolsはバグがあったりメンテが止まっています。setuptoolsの置き換えとしてdistributeが開発されており、完全な互換性を持っています。

参考:aodag blog distutils/setuptools/distribute

pipのインストール

また、pipも利用可能なのでインストールします。

$ curl -O https://raw.github.com/pypa/pip/master/contrib/get-pip.py
$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/pypy get-pip.py
$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/pip --version
pip 1.0.2 from /$HOME/pypy/pypy/pypy-1.6/site-packages (python 2.7)

virtualenv、virtualenvwrapperのインストール

$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/easy_install virtualenv
$ $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/easy_install virtualenvwrapper
.bashrcにvirtualenvwrapperの設定をする。
export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/virtualenvwrapper.sh
試しに作ってみる。

試しにsandboxという名前で環境を構築する。当然distributeオプションをつける。

$ cd $HOME/.virtualenvs
$ virtualenv -p $HOME/pypy/pypy-1.6/bin/pypy sandbox --no-site-packages --distribute
$ workon sandbox

(ちなみにvirtualenvwrapperのmkvirtualenvコマンドだと私の環境では失敗するので、.virtualenvsにvirtualenvのコマンドで作成、なぜ失敗するのだろうか...?)