私は、偶然、街中で知人と出会うことが多いようです。

老若男女の皆々様。pyspa Advent Calendar 2019 8日目です。

まえがき

私は、飢えています。

私は、人に飢えています。

私は、様々な行為・過程を考え、時に実行するのが好きです。

私は、街中で知人と遭遇するという行為・過程が好きです。

私は、人が好きです。

私は、偶然、街中で知人と会うこと好きです。

もしかしたら、必然なのかもしれません。

私は、偶然、街中で知人と出会うことが多いように思っています。

具体例を挙げます。

  • 仕事に行く途中の駅で、同僚と遭遇
  • 有給休暇で仕事を休み外出した駅で、同僚と遭遇
  • 昼ごはんで定食を頬張って、ふと、別のテーブルを見た際に、高校時代の同窓生を見つけ、遭遇
  • 昼ごはんの帰りに、オフィスに帰る信号機を待っている際に、元同僚と遭遇
  • 帰りの電車の中で座っていたのですが、眼の前に立っている人がまさかの知人で遭遇
  • 信号機を渡る際に、向こうから歩いてきた知人と、交差点で、遭遇
  • 家の近くで、珈琲の豆売ってる店に目をやると、知人がおり、遭遇
  • 客先の待ち合わせ室で、元同僚と遭遇

ぱっと思いつくだけでもこれだけ出てきます。

結果、知人たちから以下のコメントを貰ってます。*1

  • エンカウント率高い伝説
  • 技能:探知能力++
  • 嗅ぎ付けてるのかすごいな、と思ってしまった(笑)
  • **rokujyouhitoma**さんとの遭遇率が高い気がしますw
  • 前に<駅名1>で俺もあったなぁ。さんに
  • **rokujyouhitoma**さんはどこにでもいるよね
  • 僕も<駅名2>で偶然会いましたよね。ウォーリーより見つけやすいのではw
  • **rokujyouhitoma**は世界に同時に一人しか存在しない、というのが本当に守られているのかを疑う遭遇率の高さ。。
  • たしかに、**rokujyouhitoma**さんとはちょいちょい遭遇してる気がしますねぇ…
  • たまに<駅名3>で**rokujyouhitoma**!?と思う事あるけど無視してる・・

私は、考えました。

どうやら、私は知人と出会うために、他人がやっていない鍛錬を行っているようです。

その結果、人と出会えているのかもしれない。

私は、アドベントカレンダーを契機として捉え、考えていることを殴り書こうと考えました。

この記事では、考えていることを殴り書きします。

2019.12.7 17:31

「まえがき」を書き終えた。

どうやら、私は、人に興味を持っているようだ。

だが、人の何に興味を持っているのかはわからない。

本当に人に興味があると断言できるのか。よくわからない。

私は、断言しよう。私は人に興味を持っている。と。

2019.12.7 17:33

知人と出会うとは?

自身が、知人として認識している人が多いのであればあるほど、知人と出会える。

極端な話、もし世界中のすべての個々の人が知人であれば、たった一人の人と会うだけで知人と出会ったと言えよう。

同様に極端な話、もし人に興味が一切なければ、身の回りの人を知人として認識してないので、そもそも出会えない。

2019.12.7 17:36

私は、人が行動をする際に大切にしている行動指針や考え、その人の人生である生い立ちに興味がある。

固定観念は捨て様々な角度で知ろう。

レッテルを貼ることはあるが、それはレッテルだと理解して引っ剥がして知ろう。

ラベル・分類付けも同じ。分類しては、別の観点で再分類し、様々な軸で考えよう。

時間軸に対しては、必ず人は変わりゆくものなので、変わっていることを理解しよう。

一方で、人はその人が生きてきている人生の延長線であることを理解しよう。

2019.12.7 17:40

たまに知人をふと思い浮かべることがあるなぁ。

最近あの人、元気にしているかな?という具合。

散寝起きに寝ぼけながら。

散歩してるとき。

シャワー浴びてる時。

通勤中ぼーっとしてる時。

集中し、勉強や仕事をしている時。

2019.12.7 17:42

他人だったら、どう行動するだろうか考える。

日々の生活の中で、自身が判断し、行動する機会はいくらでもあるわけで、その際に他人だったら、どのように行動するか。

2019.12.7 17:43

この記事の主題はなんだったのか。

2019.12.7 17:44

知人...知人...知人...ヒロシです

17:44

あれ、この記事ってなんだ?

2019.12.7 17:45

知人を思い浮かべる。知人だったらこう言うだろう、こう振る舞うだろうというのはある。

漫画「バガボンド」で宮本武蔵ことたけぞうを、本位田又八が思い浮かべてるシーン。まさに又八の如く。*2*3

他人を理解してるなんておこがましいにもほどがある。

他人を理解できるのか!否!!できるわけわるか。

だが理解しようとするのだ。

2019.12.7 17:48

実際の知人と私の中の知人の差を思い浮かべている話。

実際に知人を知る機会があるなら、自分の中の知人と実体に差があるかは気になる。

私は、社会生活を営んでいると、共通の知人の話題ができる人と会ったり連絡とったりすると、ついつい知人は元気かなという会話をしている。

気になってしまう。

2019.12.7 17:49

部下というか、我が社の若手(以下、Doe)が私のことを「サイコパス」って言ってきたことをふと思い出した。

サイコパス...、個性として大切にしていきたい。

そんなDoeは勢いがあって、賢いのである。

そのDoeと街中で出会う日が来るのだろうか。

2019.12.7 17:54

私は、私が好きである。

私は、中学校の国語の授業で魯迅の「故郷」と出会ってからというもの、魯迅の作品が好きになったのは覚えている。

特に、魯迅の「狂人日記」が好きである。

9000文字に満たない文章であり、ネット上の青空文庫でも読めるのでぜひ読んでいただきたい。

岩波書店

阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)

阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)

2019.12.7 18:01

記事を書き終えよう。書き終えよう。

明日はpyspaの賢人 Akihiro Takizawa さんです。ああ、Akihiro Takizawa さん、Akihiro Takizawa さん。

2019.12.7 18:03

記事投稿日時の指定をする。

12.8の00:00でよいだろう。

それでは、またどこかでお会いしましょう。chao

*1:SNSなどから抜粋

*2:漫画「バガボンド」33巻より。「それでも剣を振っている・・・・・・!!」「そうに違いない」

*3:漫画「バガボンド」33巻より。「知らないのにまるで見てきたように話すね」に対して又八「ふふっ」「みなくてもわかるさ」