読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ (足す)から始めるIolanguage

iolanguage
本コンテンツの大部分は、末尾に記載させていただいたブログからの引用、インスパイヤです。ご了承下さい。

数学の世界で + は演算子である。5歳の子供でもそれを知っている。そして私やあなたが老いて死にゆくまで、+ は演算子でありそこに疑念の入る余地はない。

プログラミングの世界でもふつう + は演算子である。CでもJavaでもPerlでも + は演算子であり、それ以上でもそれ以下でもない。

ところが驚くべきことに、Iolanguageの世界では + は演算子*1ではないのである。

嘘だと思うなら、エディタを立ち上げて、次のようにしてみるといい。

Number + := method(v, (call target asSimpleString) .. (v asSimpleString))
1 + 2 # => 12
123 + 456 # => 123456

あなたは今、Number#+ メソッドを再定義した。そうしたら1 + 2は12という答えを返した。そう、Iolanguageの世界で + は演算子ではなく、ユーザが再定義可能なひとつのメッセージに過ぎないのだ。

私が知るかぎりIolanguageにシンタックスシュガーなんて存在しない。(極力シンタックスシュガーを用意しない方針だったはず。)

疑い深いあなたはこれだけでは納得しないかも知れない。そしてきっと、他の演算子についても試してみるのだろう。

Sequence multi := Sequence getSlot("*")
Sequence * := method(v,
  buffer := list()
  for(i, 1, v,
    buffer append(call target))
  buffer join)
Number plus := Number getSlot("+")
Number + := method(v,
  (call target asSimpleString) .. (v asSimpleString))
Number minus := Number getSlot("-")
Number - := method(v,
  res := call target minus(v)
  if(res > 0, res, "unknown world for me."))
Number div := Number getSlot("/")
Number / := method(v,
  str := call target asString(0) split(".") at(0)
  str split(v asString) size minus(1))
Number multi := Number getSlot("*")
Number * := method(rightv,
  leftv := call target asSimpleString
  strlen := leftv size
  if(strlen > rightv,
    leftv,
    emptysize := rightv minus(strlen)
    rest := emptysize % 2
    leftemptysize := emptysize div(2) floor plus(rest)
    rightemptysize := emptysize minus(leftemptysize)
    buffer := list()
    for (i, 1, leftemptysize,
      buffer append("*"))
    buffer append(leftv)
    for (i, 1, rightemptysize,
      buffer append("*"))
    buffer join))
Number doublemulti := Number getSlot("**")
Number ** := method(v,
  self * v * v)

1 + 2 # => 12
123 + 456 # => 123456
9 - 4 # => 5
21 - 34 # => "unknown world for me."
12345 * 20 # => "*******12345********"
3333456456 / 3 # => 4
3333456456 / 5 # => 2
12345 ** 7 # => "*12345**12345**12345**12345**12345**12345*"

納得した?

そうIolanguageの世界では + だけでなく、演算子のほとんどがメッセージ呼び出しなのである。

演算子をメッセージにする利点は2つある。1つは今見たようにそれが再定義可能であることだ。しかしより大きな利点は2つ目にある。

上で再定義した(ry

(...力尽き)

という...

という大部分が引用だった。後悔はしていない。反省はしている。
原文記事書いた方に怒られるかもしれないけど、真摯に受け止める。

以下、元記事。

*1:公式ドキュメント上はOperatorsとなっているが、